このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

作家 清水久遊について


清水久遊 しみずくゆう

愛知県蒲郡市生まれ。
18歳より先代の元で人形作りを、勉強、精進し、女性ならではの
繊細な色彩感覚と斬新なアイディアで業界のリーダー的存在となる。
後に有職工房「ひいな」を設立。
雛人形工芸士に認定される。
1993年より東京高島屋において毎年、制作実演を行う。
女流作家ならではの繊細な感性と現代のモダンを融合させた清楚で
華麗な雛人形を積極的に創り続ける。

清水 ゆたか

幼い頃から家業である人形作りに触れる。
仕事場で遊ぶように作ることを楽しむ。
大学卒業後、ひいなに入社。
雛人形師である祖母、清水久遊のもと人形づくりを学ぶ。
現在は久遊直伝の感性と技術を学び、日本古来の伝承(ホンモノ)
を伝えることを目的とし、日々精進している。
大人も子供も日本のこころや豊かな感性を感じ、温かく優しい気持
ちになっていただけるようなものづくりを心がけている。

 久遊作のひな人形は素材に厳選された裂地を使用しております。
本物に限りなく近い仕立て方、着せ方で創られおり、平安王朝の雅、
その優美さを鮮やかに余すことなく再現しています。裏打ちには
「こうぞ」を使用しており、繊細な中に耐久性を考慮しております。
完成度の追求だけでなく、おひな様を手にしたり目にした時に心が
伝わり、優しい気持ちになれる。そんな人形創りを目指しています。
また、大切なひな人形はオリジナルの桐箱に入れてお客様にお届け
しています。